FC2ブログ

プラスグループ スタッフブログ

プラスグループのスタッフが日々のあれこれを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカデビルの正体は?

懐かしさに負けて、わざわざバックナンバーを探して買ってしまいました。
「昭和40年男 興奮のラジカセ」

DSC_1618.png

中学生の頃かなぁ、ラジカセやオーディオがブームで憧れていました。
当時のラジカセは高級品だったこともり、高くて買ってはもらえなかったので、
町の電気屋でカタログを集め、周波数特性がどうとか、ワウフラッターがどうどうか、
今でもよくわからないスペックを比較するのが趣味という変な少年でした(汗)。

日立の「パディスコ」やパイオニアの「ランナウェイ」など、今は無いブランドや、
会社自体が無くなってしまった「アイワ」など、ラジカセ市場は百花繚乱の時代でした。

DSC_1619.png

DSC_1623.png


記録媒体はもちろんカセットテープ。
こちらもいろんなメーカーからいろんなグレードのテープが発売されておりました。

DSC_1620.png


音楽ソースとしては、LPレコードからカセットテープに録音するのと、FM放送のエアチェックが双璧。
FM誌は「FMファン」と「FMレコパル」が二大誌で、私はレコパル派。
おまけで付いてくるカセットレーベルが欲しくて欲しくて。
毎週、どの番組を録音するか、番組表をなめ回すように見てました。
といっても、当時の岩手県ではNHKのFMしか無かったので、FM東京の番組とか
録音してみたくてたまりませんでしたね。

エアチェックでは、番組の開始時間に必ずラジカセの前にスタンバっていないといけません。
時間厳守!
テープの最初の数秒は磁性体が塗っていない無録音部分だから気をつけて・・・
あと、カセットテープの片面の録音が終わって、テープをひっくり返すときの手際よさが重要。
テープの残量を確認しながら、曲が終わるのを見計らって録音ストップ→早送り→イジェクト→
テープのたるみを整えてイン→次の曲のスタートに合わせてREC という一連の作業を、
限られた曲紹介の間にやるわけです。

DSC_1621.png

番外編として、イカデビル。
イカデビルの正体はショッカーの大幹部、○○博士ですが、
これを知っている人はあなたも昭和40年男!

DSC_1622.png

     ↓ ブログランキングにご協力ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。